保全・リニューアル工事事例

保全・リニューアル工事

既設構造物の補強を図り、安心・安全な生活環境を守ります。

1997年の阪神淡路大震災をきっかけとし、2011年の東日本大震災以後、既設構造物の耐震補強がさらに重視されるようになりました。そうした現状を受け、オーゼットユーでは高架橋柱の耐震性能向上工事のほか、橋脚の補強及び落橋防止工事、既設構造物の劣化に伴う劣化防止補修工事などを請け負っております。未曾有の自然災害にも耐えられるよう、構造物の耐震性や耐久性を向上させ、安心・安全な生活環境の維持に努めてまいります。

耐震補強工事
■劣化補修工事

地下鉄構内
既設トンネル補修工事

鉄道シールド(上り)線防錆工事

TOP